ご自身が普段毎日のように使っているものに、興味はありませんか?ここでは光回線について、多くの人が知っている知識よりも少しだけ踏み込んだ内容までを交えて、光回線について言及していきたいと思います。光回線の歴史から、光回線の心臓ともいえる肝心な光ファイバーについてまで、もっと光回線を知りましょう。

光回線とは、光ファイバー網を利用したインターネット通信方式で、旧来の通信方式よりも非常に高速かつ安定した通信が可能ということで現在大規模に普及が進行している新しいタイプの回線です。
日本国内においては1980年代頃から一部の企業などが導入を開始し、それから一般の社会に広まるまでにはやや時間がかかった回線となります。
2000年代に入って光ファイバー網を構築している光ケーブルと通信サービスそのものの低価格化によって、一般社会へのインフラも開始されたかたちです。

光回線を構築している光ファイバー網の仕組みは、光でのインターネット回線を実現するために必要不可欠なもので、光回線ならではの速度の速い通信を可能としています。
光ファイバー網の特徴は、電磁気の影響を受けないという点にあり、そのため一定した高速の速度通信を電磁気のある環境下でも提供し続けることができ、また屈折率も非常に小さいため理論上は1秒間で地球を5周できる速度を得ている光の特性を取り入れた通信方式となっています。

高速度の通信が可能になったということで、光回線を利用した際のメリットは非常に大きく、大容量の通信量を必要とするデータのやりとりなども容易に行うことができるようになりました。
そのためメールに添付するデータの制限や、ブラウザ経由でデータをやりとりするときのスムーズさなどで効力を発揮し、企業間や個人の間でのデータ交換や大容量通信が必要な動画閲覧などがとても簡単にできるようになったという点が最大のメリットと言えるでしょう。

また、光回線サービスと契約をすることで、アンテナがなくてもテレビ放送を見られるようになるという点もメリットと言えます。
デジタルテレビが普及している昨今では、今後のテレビの通信環境も光回線を主流としたものに大きく流れを変えていくことになるとされています。
旧来のアンテナ方式よりも、電磁気やあらゆる環境での影響を受けにくいこともメリットです。

光回線は高速通信をするために必要な要素ですが、仕組みとしては単独で機能するものではなく、プロバイダと契約することによってはじめてインターネット通信を行うことができます。
NTTが提供しているフレッツ光などのプロバイダと契約をすることによって、一般の人は高速のインターネット回線を得るようになります。
これはつまり、インターネット回線をひくためには光回線契約とプロバイダ契約の2つの契約を行う必要があるということにもつながります。

光ファイバー網が肝!

光ファイバー網は、光回線を実現するために必要なもので、高速通信や安定した高密度の通信を提供し続けるための要素として重要な技術です。
これまでの電話回線などを利用したADSL方式とは異なり、まったく違う方法で高速通信ができるようになったのも、この光ファイバー網技術が広く普及したことからはじまりました。

光ファイバーの仕組みとしては、コアと呼ばれる芯の部分とクラッドと呼ばれる部分、そして外側の膜で構成されており、この3種類の構成によって成り立っています。
クラッドよりもコアの屈折率を高くすることで、全反射や屈折によってできるだけ光を中心のコア部分に集中させ伝播させる構造になっています。
このコアなどの部分は透過率が非常に高いプラスチックや石英ガラスなどが用いられているのが特徴です。

光回線を構築するための高速度の重要性は非常に高く、そのためには光ファイバー網が欠かせません。
一方で石英ガラスなどの多用によって値段が高く、その結果NTTやフレッツ光などが出回りはじめた頃の光回線の値段もADSLに比べて高価なものとなっていました。
現在では光ファイバー網技術がさらに進み、プラスチック製の全面的な導入によって単価が下がり、それに連動して通信サービスの値段も低料金化されるようになってきています。

この光ファイバー網技術の進歩は現在でも進んでおり、ケーブルに利用する新たな素材も研究もあり、今後さらに安定した通信と低価格での提供が可能だとされています。
このように、光回線には光ファイバー網の重要性は非常に高く、このケーブルの進歩によって受けられる高速通信と料金面での恩恵も大きくなっていきます。

また、昨今では光コラボという方式も取り入れられはじめており、光回線とプロバイダの2つを契約する手間を省き、1つの契約でまとめてしまうことによってさらに低料金化する制度が実現されたため、今後の光回線の料金はさらに下がっていきより一般化されていくでしょう。
このためNTTなどの提供しているフレッツ光サービスなどが光コラボによってより手軽に契約を結ぶことができるようになったのも、光技術の進歩によるところが非常に大きいです。

一方で、光回線のインフラが整い契約数が増加してくると、高速通信が実現できなくなるという点も指摘されていますが、現段階ではインフラ整備の方が速度的に勝っているため問題ないとされています。
また、より新しい方式での光ファイバー網を使用した通信方法も考えられています。