ご自身が普段毎日のように使っているものに、興味はありませんか?ここでは光回線について、多くの人が知っている知識よりも少しだけ踏み込んだ内容までを交えて、光回線について言及していきたいと思います。光回線の歴史から、光回線の心臓ともいえる肝心な光ファイバーについてまで、もっと光回線を知りましょう。

光回線と電話回線と携帯電話回線を比較してみる

光回線と電話回線、携帯電話回線を基本料金や利用条件、メリットやデメリットなどから違いを比較してみましょう。
光電話は東日本や西日本の回線業者の光回線を導入した場合の電話を利用する場合になります。
それまではおそらく銅線の電話線が使われていたと思われますが、光回線の場合は専用の工事を行わなければ利用できません。
そしてオプション料金として基本料金は500円に消費税相当額が88%加えられた料金がかかります。
それに加えて、ナンバーディスプレイやその他の付加サービスを同時に利用する場合はその料金も加算されます。

基本通話料が安く市外局番も使え、光電話同士であれば全国一律料金の3分間8.64円が適用されます。
停電になった時には使用できなくなり、一部かけられない電話番号も存在します。
おとくラインを利用すると通話料金が割引になるプランがあります。
市外局番や国際電話番号で1番目によくかけた番号から3番目によくかけた番号についてそれぞれ5割、4割、3割といった割合で割引価格が適用されます。
タイプは直収電話と呼ばれています。

一般の電話回線の場合は基本料金は1836円からとなっていて市外局番を使うことが出来ます。
停電時も利用できますが、他の場合に比較して料金が高いとはいえ遠方へ電話を掛ける際には、その距離が長くなるに従って通話料金が高くなるという特徴があります。
施設設置時には負担金が38880円かかります。

電話線を使ってインターネットのISDNを利用することができますが、その場合にはISDNかADSLかどちらかの契約を行います。
IP電話はインターネット網を利用したサービスでプロバイダーがこれを提供しています。

特徴として050から始まる電話番号を使いサービスを提供している会社は数百社にのぼるとされています。
これには専用の機器が各プロバイダーで公開されていて自分で用意するかレンタルして使うことが出来ます。
基本料金は殆どないに等しくIP電話同士では通話料は無料であるということや固定電話と併用できるという特徴があります。
スマートフォンでもこれが使われていてこの場合は専用のアプリをインストールして利用します。

携帯電話回線を利用する場合は市内通話や県外、県内の市内通話は120円から、ハワイを除く米国の場合は188円からとなっています。
携帯電話回線を利用したインターネット接続サービスは大量のデータをやり取りする場合、転送量制限がかかったり契約内容によって追加料金がかかってくるケースもあります。